育毛剤で髪のハリとコシを取り戻す

35歳を過ぎたあたりから髪のハリやコシが失われ、ボリューム感がなくなってしまったことに悩んでいました。

また、つむじまわりが薄くなってしまったようで、以前よりも少し目立つようになってきました。

当初はトップにボリュームが出しやすいヘアスタイルにしてみたり、ブローに工夫してみたのですが、ボリューム感を持続させるのは無理でした。

そこで、インターネットで評判のよい「ハリモア」を試してみることにしました。

育毛剤には刺激が強いものもありますが、ハリモアは敏感肌の私でも沁みることはありませんでした。

美容液が配合されているからかもしれません。

育毛剤は長く使い続けなくては効果が表れないでしょうから、沁みないというのは大切な要素だと思います。

ハリモアはスプレーなので頭皮全体にまんべんなく無駄なくつけることができます。

また、匂いも強くありませんから、朝から使用しても気になりません。

頭皮の血流を良くするために、スプレーした後は念入りにマッサージをしています。

マッサージの効果もあるのでしょうが、頭皮がぽかぽか温まる感じがありますから、絶対に効いていると確信しています。

まだ使用して2か月足らずなので、つむじはまだ目立っていますが、髪のボリュームは以前よりアップした感じがあります。

抜け毛予防のためにも続けていきたいと思います。

育毛剤で食事で得た栄養素を供給する

美味しい食事を食べながらも、育毛対策を続けていくことが大事であり、その為には育毛対策に有効となる食材をいくつもチェックする必要があります。

育毛対策として器用になるのはタンパク質です。

髪の毛は9割以上はケラチンといわれるタンパク質で構成されているため、タンパク血の量が足りていない場合髪だけの材料が全然足りないといった状況になってしまいます。

ただ、タンパク質に関しては豚肉や鶏肉などを摂取しても補給出来るし、私たちがよく食べるハンバーグやベーコン、ウインナーなど過去された肉類でもタンパク器補給する事が出来ます。

普通の食事をしていればタンパク質が足りない状況になることはあり得ないことであり、その手を考えればタンパク質以外の食材を考慮していく事になります。

この時に注意したいのは、動物性のタンパク質はあまり育毛対策には良い傾向にないことです。

動物性の脂分を多く摂取することになるので、血流の流れが悪くなってしまうのです。

その点を考えていくと、タンパク質の摂取は魚類などをメインに食べるようにします。

このように魚を食べる習慣を毎日気をつける事と、育毛剤で頭皮周りの血流を高めて食事で得た栄養素をうまく毛根まで供給するのです。